脱毛の肌へのダメージとは

脱毛を受けるということは肌へのダメージはないのでしょうか。

ここでは脱毛の肌ダメージについてみていきましょう。

■敏感肌の人は心配がある

特に敏感肌の人は心配が大きいのではないでしょうか。脱毛をサロンやクリニックで受けた場合でも、肌への負担は全くないと言えるのか、心配ですよね。脱毛サロンの場合は、施術前に専用のジェル、ローションなどを塗ることが多いです。これは肌への負担を軽減するために行う前処置です。敏感肌の人が付けても安心できる素材で作られたものを使用していることが多いです。痛みは個人差があるのですが、光フラッシュ脱毛はほとんど痛みがないですし、レーザー脱毛の場合もそれほど痛みがなくゴムで弾いたくらいだということです。人によって感じ方は違いますので、全く痛みがないという人もいます。

■自己処理の方が負担は大きい

カミソリで剃る、毛抜きで抜くという自己処理をしている方が明らかに肌へのダメージはとても大きいといえるでしょう。乾燥や黒ずみ、色素沈着などの肌トラブルの原因を引き起こすことにもつながります。脱毛をして自己処理を何度も繰り返していることで、肌に対して負担がかかりますので、それをサロンやクリニックでは解消することができるのです。

■アフターケアも万全

大半の脱毛サロンで実施されていることが、施術後のアフターケアです。施術後にアフターケアをしっかりと行っているところが大半ですので、安心して受けることができるだけでなく、その後の肌の状態もしっかりとケアしてもらえます。脱毛後の肌はとても敏感になっているので、丁寧なアフターケアが重要です。敏感肌で不安が大きい人はカウンセリング時に相談をするといいでしょう。

自己処理をするよりも断然肌への負担を減らすことができるので、脱毛による肌への負担が気になる人は、専門機関で正しい脱毛を受けることをおすすめします。カウンセリングを受けることでさらに自分の肌に良い脱毛方法で受けることができます。